制震構造


  そして、今注目されているのは制震構造≠ニいわれる家
  です。基礎は耐震構造の家と同じ堅固なものを使いますが、
  そのかわりに家の構造材にバネや粘着性のある材料を組み
  込んで、家自体が地震の揺れを吸収する″\造にします。

  こうすると家全体で地震の揺れを吸収しますから耐震構造
  のように家に地震の揺れがストレートに伝わる事はありま
  せんし、免震構造のように後々のメンテナンスに家の基礎
  までいじらなければならないというコスト的な問題もあり
  ません。耐震と免震の長所を合わせた理想的な建築方法と
  いえるでしょう。

  ただ、この建築法も、実際に建てる家の規模や立地条件に
  よって、どんな制震構造材をどの程度使うか、慎重かつ
  正確な計算で設計をしないとその性能は十分に発揮できず、
  何の意味もない結果なる可能性があります。まぁ、家は
  普通一生に一度の買い物≠ナすから、そうした地震対策
  以外にも検討しなければならない課題はたくさんあるはず
  ですし、家を建てる時は十分に考えて選択してください。

  これまで書いてきたように、日本は地震の多発地帯です。
  特にここ数年は普通地震は起きない≠ニ思われてきた
  福岡や、新潟の内陸部でも記録に残るような大きな地震
  が発生しました。自分の住むところでも、いつ地震が起
  こるかはわかりません。とはいえただ悪戯に地震を怖がる
  のではなく、地震が起きたらどう行動するかを、常に考え
  ておくのが最大の地震対策でしょう。


  本サイト人気コンテンツ

  ★ 警報システムとは?
  ★ 地震発生のメカニズム
  ★ 家庭でできる対策
  ★ 耐震と免震
  ★ 制震構造


Copyright © 2007 地震対策ガイド All rights reserved.
by 地震対策ガイド